ハイパースキン脱毛の仕組み



ハイパースキン脱毛の仕組みは発毛の周期の中の休止期と言われる期間に特殊な光を照射して発毛因子を減少させて発毛ができない状態にする仕組みです。毛の種にだけ照射しますから高い熱は必要ないのです。



ハイパースキン脱毛の効果研究所|痛くない脱毛法の秘密 » ハイパースキン脱毛の仕組み

ハイパースキン脱毛の仕組みは「毛の種」にアプローチ

ハイパースキン脱毛というものは便利なもので、
痛みを伴わず脱毛ができるという優れものです。


今までのレーザー脱毛などでは痛みを伴うのは当たり前でした。


しかも施術後の肌のトラブルなども指摘されてきたのです。
しかしパイパースキン脱毛はあたらしい脱毛方法であり、
逆に施術を行った部分の肌は状態がよくなるのです。


この新しい施術に痛みが伴わないのは、 ハイパースキン脱毛の仕組みにあります。


ハイパースキン脱毛では、発毛の周期の中の休止期と言われる期間に
特殊な光を照射して発毛因子を減少させて発毛ができない状態に
してしまいます。


毛の種にだけ照射しますから高い熱は必要ないのです。


従来のレーザー脱毛とパイパースキン脱毛の違いは、
前者は現在生えている毛または将来抜け落ちる毛に対して対処し、
毛乳頭に達する前に毛が切れてしまう為、毛乳頭に毛が残ってしまい
そこから毛が再生する可能性があります。


またレーザーにて高熱を使って施術を行いますので、通常かなりの痛み
を伴い、火傷による炎症などの後遺症に悩まされるケースもあるのです。
また2、3ヶ月に1回しか処理ができません。


これに対して後者は、毛が落ちた後または生えて来る前の状態に
だけ施術を行う方法ですので、休止期の毛穴に処理ができ、
種を減少させて発毛や再生を予防することができます。


また熱くなく痛くないので、火傷による炎症などの後遺症に
悩まされるケースもありません。


早い方ですと3週間に一回の施術も可能になります。
一昔前までは永久脱毛という言葉がよく使われていましたが、
今時はほとんど見かけなくなりました。


その理由はどんなに素晴らしい技術を利用して強力に脱毛処理をしても、
永久に生えてこないとは誰も保証できないことが
明らかになったからです。


ハイパースキン脱毛の唯一のデメリットとは

ハイパースキン脱毛を利用した脱毛であっても、永久にその後の
処理が不要になるかといえばそうとはいいきれません。


ただ発毛の因子を取り除く為、長い間発毛が非常に少なくなり、
人にもよりますがかなりの期間自己処理が不要になることは
実証されています。


毛は成長するに従い、皮膚の奥の皮下組織の方に延びますが、
毛が抜けたあとから毛の種が皮脂腺から栄養をもらいます。


皮脂腺は、皮膚表面から近い場所にあるので、毛の種を消滅させる
ための照射は「暖かい」程度の温度で十分なのです。


従来のようなやけどやシミトラブルの心配がありません。
毛の種を消滅させてムダ毛が生えてこない状態にできるため、
ムダ毛予防となり、しかも痛くなく安全でスピーディーです。


またハイパースキン脱毛を利用すると脱毛効果以外に
肌が綺麗になっていくという効果があります。


「特殊な光線」はコラーゲンを活性化させるので、肌荒れなども
改善されていきます。


この施術で利用する光が肌の内部のコラーゲン生成に役立つからです。





NEXT⇒ハイパースキン脱毛の体験談|噂のディオーネで脱毛始めました