脱毛 したいけど



脱毛したいけど断られた方にはほくろやニキビが原因だったと言う声をよく聞きます。ディオーネのハイパースキン脱毛器であればそんな肌質でも処理を可能にしてくれます。脱毛したいけど断られるんじゃないかとこれまで諦めていた方にはとっても嬉しい話です



ハイパースキン脱毛の効果研究所|痛くない脱毛法の秘密 » 脱毛したいけど断られたほくろやニキビ肌でも受けられる脱毛法

脱毛したいけど断られた経験

今までに脱毛をしたいと思ってカウンセリングを受けてみたところ、
ほくろやあざ、ニキビなどの理由で脱毛を断られてしまった、という
ことがあった人もいると思います。


ニキビがたくさんある人の場合は炎症が起きている可能性が多いところ
に光やレーザーなどを照射するとかえって炎症が悪化する場合もありました。


また、ほくろやあざに関しても従来の脱毛方法で考えると照射する光自体が
黒いものに反応して作用します。


脱毛で言えばムダ毛が当てはまりますが、肌には他にもほくろやあざと
いった色素があります。


照射することによって熱の影響でほくろやあざといった色素もムダ毛と
一緒に焼かれてしまうという問題があったのです。


最近ではほくろやあざ、ニキビなどがある人でも脱毛が可能になってきている
のも確かです。それは照射する前にほくろなどを隠すテープを使い、ほくろや
あざなどに貼っていきます。


テープを貼った上から照射すればテープによりほくろなどが保護されて一緒に
焼かれてしまうといってトラブルを避けることが出来るからです。


テープによる処理をする事で今までに脱毛を断られていた人でも脱毛をして
もらうことが可能になってきました。


「私はほくろが多いからきっと無理だ」
と諦めている人でもカウンセリングを受けて相談してみると意外にテープを貼る
ことで脱毛が可能だというケースが増えてきています。


だた、ほくろを隠すにも限界はあります。そしてテープを貼ったところの
脱毛ができないというデメリットもあるのが現状です。


ちなみにニキビの場合、数箇所といったレベルであれば対応は出来る
ケースが多いのですが、


・たくさんのニキビが出来てしまっているというケース
・炎症がひどいニキビがある


という場合は脱毛してしまった場合、炎症が更に悪化してしまうという心配が
考えられます。


なのでたくさんにきびがある場合には無理な場合もあり、事前に医師に
相談が必要な場合もあります。詳しくはカウンセリングなどで状態なども
含め相談してみましょう。


ですが、ディオーネのハイパースキン脱毛を利用した場合、ほくろやニキビ肌
でも顔の脱毛や全身の脱毛が可能です。


これも従来の光脱毛とは違う特殊な光を利用しているからこその結果です。


以前までは脱毛したいけどほくろやあざなどが多くて脱毛を諦めていた、
そんな人でもディオーネのハイパースキン脱毛を利用することによって
肌のダメージもなく脱毛することが出来る様になっているんです。


これでムダ毛に悩む日々にお別れですね。


そんな悩みを解決するべく、まずはディオーネでカウンセリングも含めて
相談してみて下さい。