脱毛の種類



脱毛法の種類というのは一つだけではなく様々な方法があるということはあまり知られてはいません。一般的によく目にすることがあるのはレーザー脱毛ですが、それ以外にも数多くの種類が存在しているのです



ハイパースキン脱毛の効果研究所|痛くない脱毛法の秘密 » 脱毛法の種類|これだけ知っておけば大丈夫

多く存在している脱毛の種類


女性にとっては欠かせない日課であり、煩わしくて出来れば
やりたくないことといったら「むだ毛の処理」です。


ただでさえ何かと忙しい社会人ともなると尚更でしょう。


最近ではそんなむだ毛の処理をしなくても済むということで
脱毛を考える人も増えてきています。


脱毛サロンの数も急増しており、昔は費用も高く限られた人しか
行えなかった脱毛もかなり手軽になりつつあります。


そんな脱毛ですが、実は脱毛法の種類というのは一つだけではなく
様々な方法があるということはあまり知られてはいません。


一般的によく目にすることがあるのはレーザー脱毛ですが、
それ以外にも数多くの種類が存在しているのです。


本来脱毛は医療機関で行われる「医療脱毛」、エステで行われる
「エステ脱毛」、家庭などで自らが行う「自己脱毛」など、
おおまかに3つの脱毛の仕方があります。


まず医療脱毛は、皮膚科や美容外科などの医療機関で、
患者にたいして医師が施術し、医療的に無駄毛を処理をする事
を言います。


厚生労働省から医療用機器として認可を受けた医療レーザー機を
使用し、医師が直接治療、もしくは医師の監視の元で
治療がなされます。


本来は多毛症などの病気と診断された患者が治療目的
で受ける医療行為でしたが、近年では病気と診断された方以外
でも美容目的として施術を受けてます。


医療機関での脱毛では、「電気脱毛(絶縁針)」
「医療レーザー脱毛」「光脱毛」が行われる場合が多いです。


病気と診断された方の脱毛には治療の一部に保険が
適用されますが、美容目的の場合には自費となります。


次にエステで行われる脱毛ですが、「電気脱毛(ニードル)」
「IPL脱毛」「フラッシュ脱毛」「プラズマ脱毛」「ワックス脱毛」
など様々な方法によって行われています。


しかしエステサロンは医療機関ではありません。


日本にいくつか存在するエステ協会によってそれぞれの
基準を整備していますが、利用するサロンをしっかりと
選定しなければなりません。


家庭で自分で行う脱毛処理にも様々ありますが、シェーバーや
ワックス、クリームなどを使って「剃る」もしくは
毛抜きなどで「抜く」といった処理が主となります。


自己処理で皮膚を傷つける場合があるので注意が必要です。
上記のように脱毛方法は様々あります。


他にもいくつか脱毛の種類はありますが、費用や自分の目的に
合わせて自分にぴったりな脱毛法を選ぶことが重要です。